Sunday, August 28, 2005

絵日記でめぐる35日間 列島縦断鉄道乗りつくしの旅 JR20000km全線走破

20000kmenikki
絵日記でめぐる35日間 列島縦断鉄道乗りつくしの旅 JR20000km全線走破を購入した。
列島縦断鉄道乗りつくしの旅 JR 20000km全線走破の絵日記版。前回の12000kmの時も列島縦断鉄道12000kmの旅 絵日記でめぐる43日間を買っていましたが、今回も買いました。
本当にこの人は絵がうまいよな。眺めているだけで幸せになります。またDVDでも見るかな。

|

Sunday, August 21, 2005

列島縦断鉄道乗りつくしの旅 JR 20000km全線走破

20000km
列島縦断鉄道乗りつくしの旅JR 20000km全線走破の春編の本が出ました。早速買っちゃいましたよ。
先の12,000kmの続編で、今年の春先にNHKハイビジョンで放映していた非常に面白い番組。
列島縦断鉄道乗りつくしの旅 JR 20000km全線走破
NHKならではのゆるい番組なんですけど、珍しく毎回見てしまう。本当に面白いよ。
電車から見える車窓や、人々との出来上がっているお約束だと思うけど、自然に見えるふれあいも良い。
なかでも旅人の関口さんのとぼけた表情が良い。秋からも後編が始まるはず。楽しみです。

|

古事記を旅する「サライ」

sarai05_17_m
今月のサライを買った。
日本誕生から推古天皇までの神話物語かつ、都合のいいような編集がされている日本最古の書物。
最近神話の物語と、現実の古代の日本の政治の世界とのリンクが非常に面白い。日本の基本型が見てみたい、一度。もう少し調べる前に、写真で楽しむための本ですね。今、この頃の時代の本を色々読み始めています。結構面白い。戦国時代と幕末位しか興味が無かったのですが、今また新しい分野を開拓しました。神話=くだらない、とは思わずにとっかかってみる良いチャンスとなる本ですね。


|

Sunday, March 27, 2005

池波正太郎が残したかった「風景」

池波正太郎が残したかった「風景」(新潮社)を購入。良く有る池波正太郎の美味しいもの集、訪ねた場所集なんだけど、これはまた面白い。写真と絵画も沢山掲載されているし、読み物としても分かりやすい。池波正太郎が訪ねた場所を探す旅に出たくなる本です。amazonへlinkで買えます。

ikenami-shotarou

|

Saturday, December 04, 2004

列島縦断鉄道12000kmの旅 絵日記でめぐる43日間

関口 知宏 著の、「列島縦断鉄道12000kmの旅 絵日記でめぐる43日間」を購入しました。
別冊宝島「列島縦断 鉄道12000km 最長片道切符の旅」でも書きましたが、BSで毎日放送していたと言う各駅停車の旅を絵日記で振り返る本です。この関口さん(公式サイト)ってなんだか、いい味出しているんだよね、PowerBookG4使っているって所も親近感湧きます。是非、再放送してほしいよ、無駄遣いのNHKでさ。
enikki43days.jpg

|

Sunday, November 07, 2004

別冊宝島「列島縦断 鉄道12000km 最長片道切符の旅」

別冊宝島「列島縦断 鉄道12000km 最長片道切符の旅」を買いました。
NHKがBS15周年で作った壮大なる無駄な旅(良い意味で)です。全国を一筆書きをしながら鉄道の旅をするというものです。
“究極の鉄道旅行”と鉄道ファンの間で
呼ばれる夢の旅「最長片道切符の旅」。
同じ駅には2度立ち寄らず、全国の
JR鉄道網を「一筆書き」で乗りつぶして
いき、この条件を守ればたった一枚の切符で
どこまでも鉄道の旅を楽しめるのです。
from NHK「列島縦断 鉄道12000km 最長片道切符の旅」
この番組は深夜の再放送を見たのですが、本当に私には羨ましい。やってみてぇ〜、と思うけど、現実には無理なんだよね。42日間の旅です。放送をリアルタイムで見ていないので、全部見てみたいです。DVDで発売にならないかな?総集編じゃないものを。
この雑誌には付録でDVDが付きますが、関口さんは出ておりません。鉄道マニアにはたまらないかもしれないけど、番組ファンには物足りない内容です。がっかり。
2004.12.11,12にリクエストを受け付けた、「列島縦断 鉄道12000km 追憶編」をやるようです。楽しみです。

12000km.jpg

|

Saturday, October 16, 2004

サライ 池波正太郎特集

サライ 2004.10.21号を購入した。
無類の池波正太郎好きの私には、この手の特集がたまらなくなる。表紙を見ただけで、手に取り、レジまで運んでしまった。
cover04_20_l.gif
池波正太郎氏の世界に触れていると、「旅と食を粋に愛した」本人になりきれて、自分も好きになってしまう。私が旅好きなのは氏の影響が大きい。
長野県上田市に有る池波正太郎真田太平記館にわざわざメイン目的として出かけるなんて、まさにティピカルな例。
これからも楽しませてもらいます。
・・・でも文庫本はほとんど読んじゃったんだよなぁ、本屋に行く楽しみが半減して5年くらいになります。今は古本屋で色々探しています。

|

Monday, January 26, 2004

武士道

武士道
    岩波文庫
新渡戸 稲造 (著), 矢内原 忠雄 (翻訳)
価格: ¥400

bushidoh.jpg

この本を購入。
読み始めています。
今話題の映画、ラストサムライ。
日本人を表す著書は数有れど、長らく読み継がれている
名著だとの事。
かつて、
菊と刀
を読んで以来の日本人論本。
楽しみです。

|